2010年05月28日

10分5億円PR映像、JOC会長「必要経費」(読売新聞)

 2016年夏季五輪招致を検証する東京都議会の特別委員会が24日開かれ、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長や大手広告会社「電通」の当時の担当局長ら3人に対する参考人質疑が行われた。

 同社が制作したPR映像については、都議会で「制作費が高すぎる」と指摘されていたが、竹田会長は「勝ち抜くために必要な経費だった」と妥当性を強調した。

 電通側は、約10分間で約5億円という制作費について、高額な費用がかかる特殊カメラなどで計約40時間撮影したことを説明し、「映像の長さだけでなく、品質も評価してほしい」と理解を求めた。

インフル定点が4週ぶりに増加(医療介護CBニュース)
<雑記帳>トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園(毎日新聞)
<防衛省>試験さらに出題ミス(毎日新聞)
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会(医療介護CBニュース)
外務省局長、26日訪韓=米関係者と哨戒艦対応で協議(時事通信)
posted by ツジ トシオ at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。